Rhapsody in Acer

ゆるく、楽しく、旅をする。

【女一人旅】クリスマスマーケット巡り⑧ ~3日目(2)、ウィーン市内観光

【スポンサーリンク】

ずっと行きたかったシェーンブルン宮殿に行った後は、ウィーンの市内を観光!

 

記事全体の目次はこちら

前回の記事はこちら

 

リンク内の主要観光名所を回る

シェーンブルン宮殿からウィーンの中心部に戻ってきたあとは、再び市内をめぐることに。

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181025210428j:plain

昨日オペラを見た、国立オペラ座。

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181025210624j:plain

昨日ザッハトルテを食べた、老舗・ザッハー。昨日は並んでいなかったけれど、今日は混んでいた。時間帯かな?

 

ホーフブルク宮殿へ!

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181025210615j:plain

ホーフブルク宮殿の王立図書館。中も見学できるそうだけど、時間がなかったため断念。

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181025210603j:plain

そしてお目当ての旧王宮。ここは昨日シェーンブルン宮殿に行くために買った、シシィ・チケットで入ることができる。

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181025210543j:plain

旧王宮の見学スペースの一つ、宮廷銀器コレクション。食器一つとっても豪華……! ハプスブルク家の生活を垣間見た。

他にシシィミュージアム、皇帝の部屋も見学できたが、中は撮影禁止。

特にシシィミュージアムは、シシィの愛称で親しまれる皇后、エリザベートの生涯を追体験でき、とてもおもしろかった。

 

ザッハーと並ぶウィーンの有名カフェ、デーメル

歩き疲れたところで、カフェ休憩。ザッハーと並んで有名なカフェ、デーメルに足を運んだ。

4travel.jp

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181025210533j:plain

私が行ったとき、カフェスペースは少し混んでいたが、並んでいる途中にケーキを作っているところを見学できた。

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181025213335j:plain

デーメルもザッハーと同じくザッハトルテで有名なようだが、今回私はモーツァルトを注文。モーツァルトのチョコレートが乗っている!

ザッハーは日本に進出していないが、デーメルはいくつか日本にも店舗があるそう。実際、私も帰国後バレンタインシーズンにデーメルがチョコレートを出しているのを見た。

 

ウィーンの交通事情

ウィーン滞在中、トラムや地下鉄など、公共交通機関を使っていたが、一つ驚いたところがある。

切符を買わなくても、乗車できてしまう!

もちろん切符を買うところはあるし、切符に印字をする必要もあるのだが、日本の地下鉄のような改札や、バスのような車掌さんの前の運賃入れなどはない。つまり、しようと思えば無賃乗車し放題なのだ。

これはウィーンだけでなく、今回訪れた他の都市もそうだった。ヨーロッパでは性善説が根付いているのか、モラルが高くて無賃乗車がほとんど起こらないのか、はたまたコスト度外視で公共交通機関を運営しているのか……。

ただし、必ずしも無賃乗車し放題、というわけではない。

時々、警察官がトラムや地下鉄に乗り込んで乗客の切符を確認し、切符を持っていない人には罰金を科すらしい(私の滞在中はそのような現場は一回も見なかったが)。

いずれにせよ、切符はきちんと買うべきだし、知らずに無賃乗車してしまった! とならないように注意する必要がある。

 

ウィーン2日目も市庁舎前のクリスマスマーケットに足を運び、ウィーン観光は終了。だいぶ駆け足だったわりには、いろいろと巡ることができた。

 

明日はモーツァルトの生誕地、ザルツブルクへ向かう。

 

~つづく~

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ランキング参加中です!

↓よければクリックしてください↓


にほんブログ村