Rhapsody in Acer

ゆるく、楽しく、旅をする。

【女一人旅】クリスマスマーケット巡り⑪ ~4日目(3)、ホーエンザルツブルク城と夜のザルツブルク

【スポンサーリンク】

ここ数回、メキシコ編の記事を更新していたが、ここらで一度クリスマスマーケット巡り編の更新に戻ろう。

 

塩の街・ザルツブルクは、絵本の中に紛れ込んでしまったかのようなメルヘンチックな街。

主要な観光地を巡った後は、ザルツブルクのランドマークタワー・ホーエンザルツブルク城と、夜のザルツブルクを堪能する。

 

記事全体の目次はこちら

前回の記事はこちら

 

ホーエンザルツブルク城

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181025223946j:plain

写真奥の高台に見えるのがホーエンザルツブルク城。

歩いていくことも可能なようだが、ケーブルカーで楽々上まで行くことができる。

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181025223937j:plain

登ってみるとかなり高い。

見学コースは、ベーシックチケット(A. オーディオガイドツアー、B. 城塞博物館、ライナー博物館、マリオネット博物館が見学可能)と、スタンダードチケット(A、B、C. 黄金の間)の二種類。私は前者を選択した。

日本語のオーディオガイドを借り、見学開始!

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181025223918j:plain

オーディオガイドツアー、といっても、オーディオガイドを借りて自分のペースで場内を回る形のものであった。城内には写真のような窓がいたるところにあった。窓から見える風景の構図が気に入り、このような写真を何枚も撮った。

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181025223928j:plain

オーディオガイドツアーで行くことができるレック塔の展望台からは、ザルツブルクの街並みが一望できる。このためだけに城に来る価値もあるくらい、美しい風景だった。

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181025223909j:plain

ちなみにマリオネット博物館はこんな感じ。人形がたくさん展示されていた。

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181025224158j:plain

城内には小さなクリスマスツリーも。街のいたるところがクリスマスムード満載で、歩いているだけでも楽しい。

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181025224149j:plain

夕陽に染まるザルツブルクの街。城から見える美しい景色に後ろ髪を引かれながらも、ケーブルカーで街に降りることにした。

 

ザルツブルクのおすすめレストラン ~Zipfer Bierhaus

城から街に戻った後は、まず腹ごしらえ。

オーストリアで有名(らしい)なZipferというビールメーカーのビアハウスで夕食をとることにした。

www.tripadvisor.jp

こちらのレストラン、なかなか賑わっていて、私が行ったときは他の人(おそらく地元の人?)と相席になった。

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181025224429j:plain

せっかくビアハウスに来たのだから、とりあえずビール! 相席になったオーストリア人(たぶん)のおじさんとドイツ語で乾杯。

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181025224419j:plain

注文したのはこちらの豚肉料理(名前忘れた)。

ビールも料理もおいしく、一人でも居心地のいい、おすすめできるレストランであった。

 

ザルツブルクのクリスマスマーケット

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181025224140j:plain

お腹もいっぱいになったところで、いよいよお目当てのクリスマスマーケット。

ドーム広場とレジデンツ広場の二つの会場(隣り合っている)で行われている、大規模なクリスマスマーケットであった。

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181025224121j:plain

どこのクリスマスマーケットでも必ず大きなクリスマスツリーが。

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181025224131j:plain

お店も大規模なものがちらほらあった。

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181025224448j:plain

出店に並んでいる商品も、地域によって違う。写真を撮り損ねたが、ザルツブルクは塩の街というだけあり、塩を売っているお店もちらほら見つけた。

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181025224439j:plain

紅茶とティーポットのセット! かわいかったけれど、途中で割ってしまいそうなので断念……。

その他、小さなスケートリンクもあった。

 

ザルツブルクでの一日を満喫し、次からいよいよドイツ編に突入する。

 

~つづく~

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ランキング参加中です!

↓よければクリックしてください↓


にほんブログ村