Rhapsody in Acer

ゆるく、楽しく、旅をする。

【女一人旅】クリスマスマーケット巡り⑫ ~5日目(1)、ザルツブルクからミュンヘンへ

【スポンサーリンク】

オーストリアの西の都市、ザルツブルクを堪能した私。

いよいよドイツに入国し、次なる目的地・ミュンヘンへ。

 

ミュンヘンは、ヨーロッパらしい古き良き街並みと、現代的な街並みが融合した街だった。程よく都会的で、住むにはよさそうだが、観光としてはザルツブルクや、この後紹介するニュルンベルクのようないかにも絵本! な街の方が魅力的かもしれない。

何はともあれ、ミュンヘンも素敵な街だったので、その魅力を紹介する。

 

記事全体の目次はこちら

前回の記事はこちら

 

ザルツブルクからミュンヘンへ

ザルツブルクからミュンヘンへの移動は、ヨーロッパ各地を網羅しているFLIX BUS。日本で予約していった。【女一人旅】クリスマスマーケット巡り② ~旅程の決め方でも書いたように、アプリも出ていて便利なバス会社だ。バスのチケットもeチケットでよいので、スマホ一つでバスに乗ることができる。

www.flixbus.com

ザルツブルクからミュンヘンまで約2時間で、9ユーロ。安い。

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181025225651j:plain

車窓から撮った写真。山もすっかり冬化粧!

 

まずはホテルへ! ~ミュンヘンのおすすめホテル

例のごとく、ミュンヘンに到着したらまず、荷物を置きにホテルへ!

www.booking.com

ウィーンで泊まったウォンバッツ・シティ・ホステルに、ミュンヘンでも宿泊。

ウィーン同様、部屋にバストイレもついており、談話スペースもあり、清潔で、とても快適だった。中心部からも徒歩圏内で、おすすめできるホステルだった。

 

ミュンヘンの名物! ~午前中しか食べられない、白ソーセージ

荷物を置いたらまずは、ミュンヘン名物の白ソーセージを食べに。

今回行ったのは、ミュンヘンの中心部、マリエン広場の近くにある、老舗のビアホール、ヴァイセス・ブロイハウス。

www.tripadvisor.jp

ここの白ソーセージは、昔ながらの伝統を守り、正午の鐘が鳴る12時までしか食べられない。せっかくミュンヘンに来たのだから、ぜひ食べたい! ということで、朝イチで訪れることにした。

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181025225623j:plain

レストランの内装。午前中にも関わらず、店はかなり賑わっていた(そしてみんなビールを飲んでいた)。

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181025225632j:plain

テーブルの上もかわいい。プレッツェルは勝手に出てきて、食べた分だけお金を払うスタイルのよう。

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181025225607j:plain

今回注文したのは、白ソーセージと、もちろんビール! 朝からビールを飲む、至高の時間!

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181025225941j:plain

そしてこちらがお目当ての白ソーセージ。白い中に浮いている黒い点が、パセリやレモン、ナツメグなどの香辛料。

こちら、皮が厚いため、皮をむいて食べるのが正しい食べ方だそう。ナイフとフォークを使い、皮をむいて中身だけ食べた。柔らかくておいしい。

 

朝からビールと白ソーセージを食し、ドイツ旅の出だしは上々。午前中からビールを飲めるのは、旅行の醍醐味だと思う。

次の記事では、いよいよミュンヘンの街を巡る。

 

~つづく~

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ランキング参加中です!

↓よければクリックしてください↓


にほんブログ村