Rhapsody in Acer

ゆるく、楽しく、旅をする。

【女一人旅】クリスマスマーケット巡り⑬ ~5日目(2)、ミュンヘン観光

【スポンサーリンク】

ミュンヘン名物、白ソーセージを食べることができ、朝からドイツビールも満喫できて大満足な私。

いよいよミュンヘンの街へ繰り出し、観光することにした。

ミュンヘンでも他の都市同様、いろいろなところでクリスマスマーケットが開催されていた。そのうち私が訪れた、レジデンツの中庭と、マリエン広場のクリスマスマーケットの模様を中心にお伝えする。

 

記事全体の目次はこちら

前回の記事はこちら

 

ミュンヘン街歩き

お腹がいっぱいになったところで、まずは主要な観光名所を巡って街歩きをすることにした。旅も5日目ということで疲れも出てきたので、のんびり観光。

f:id:Rhapsody-in-Acer:20180924212332j:plain

まずはカールス広場。写真はカールス門。この日は雪交じりの雨が降っていた。実はこの日が2017年の私の初雪。

f:id:Rhapsody-in-Acer:20180924212325j:plain

ミュンヘンで一番大きな教会(たぶん)、聖母教会の中。

私はクリスチャンではないが、この旅行中に限らず、キリスト教国を旅行すると大小問わず多くの教会を訪問する。教会は誰にでもオープンで、基本的には無料で美しい内装を見学できるし、(建築には詳しくないが)地域によって建築様式や装飾が異なるのもおもしろい。おまけに、時たまオーケストラの演奏を行っていたりもする。この旅行中もクリスマスシーズンということもあってか、何度かオーケストラ演奏中の教会を訪問することができた。

f:id:Rhapsody-in-Acer:20180924221712j:plain

街歩きの中で見つけた黄色い塔。ミュンヘンは都会的な街だが、そういう中にもこうした中世のような建築があるのがおもしろい。

f:id:Rhapsody-in-Acer:20180924212316j:plain

どこのクリスマスマーケットで撮った写真だか不明だが、雪がいい感じに写り、クリスマスっぽくなった一枚。

 

レジデンツの中庭のクリスマスマーケット

f:id:Rhapsody-in-Acer:20180924221720j:plain

ミュンヘンの比較的大きなクリスマスマーケットの一つが、レジデンツの中庭で開催されるものである。写真奥に写っているのがレジデンツ。

f:id:Rhapsody-in-Acer:20180926161236j:plain

こちらがクリスマスマーケットの入り口。いかにもな装飾がされている。

f:id:Rhapsody-in-Acer:20180924221421j:plain

とりあえずホットワイン。クリスマスマーケット巡りでは、各地でこうしたマグカップを集めるのも楽しい。こちらはデポジット制になっていて、そのまま持って帰ることも、返却してお金を返してもらうこともできる。私も各地で集めたが、バックパックで持って帰る途中に半分くらい割れてしまった……。

f:id:Rhapsody-in-Acer:20180924221412j:plain

賑わっていたポテト屋さん。どうしても食べたくなり私も列に並んだ。本場のポテトはおいしい。

f:id:Rhapsody-in-Acer:20180924221428j:plain
f:id:Rhapsody-in-Acer:20180926161229j:plain

レジデンツの中庭のクリスマスマーケットでは、こうしたお話モチーフの装飾も見かけた。音楽も鳴っていて、見ていて楽しかった。

マリエン広場のクリスマスマーケット

f:id:Rhapsody-in-Acer:20180924211839j:plain

ミュンヘンの中心部、マリエン広場にてミュンヘンで最も大きいクリスマスマーケットが行われていた。大きなものということもあり、とても人出が多い。

f:id:Rhapsody-in-Acer:20180924221358j:plain

夜の様子はこんな感じ。やはりクリスマスマーケットは夜の方が雰囲気が出る。

f:id:Rhapsody-in-Acer:20180924221728j:plain

屋台の様子。都市によっても、都市内の場所によっても少しずつ違うのが楽しい。

f:id:Rhapsody-in-Acer:20180924221405j:plain

現代的なお店の前にもクリスマスマーケットの屋台が並ぶ。

 

ドイツの大都市・ミュンヘンは、現代的な雰囲気と中世的な雰囲気が交差する都市であった。

次はいよいよ、私の中でこの旅行最大の目玉となっている、ニュルンベルクへ向かう。

 

~つづく~