Rhapsody in Acer

ゆるく、楽しく、旅をする。

【女一人旅】クリスマスマーケット巡り⑯ ~6日目(3)、ニュルンベルクのクリスマスマーケット

【スポンサーリンク】

ニュルンベルクのクリスマスマーケットは、世界一有名だと言われている。

実際、今回クリスマスマーケット巡りをした中でも、ニュルンベルクのものが一番規模が大きく、人出も多かった。

今回の記事では、そんなニュルンベルクのクリスマスマーケットを紹介する。

 

記事全体の目次はこちら

前回の記事はこちら

 

中央広場のクリスマスマーケット

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181014100724j:plain

ニュルンベルクで一番大きなクリスマスマーケットがここ、中央広場のもの。広い敷地にびっしりとお店が並んでいた。一般的にクリスマスマーケットは夜に混むものだが、ニュルンベルクでは昼間でもこの人出。

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181014101049j:plain

ニュルンベルクソーセージをはさんだホットドックをいただく。ニュルンベルクソーセージは、小ぶりでぱりっとしているのが特徴。ケチャップとマスタードはお好みで。

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181014102119j:plain

こんなにかわいいツリー用の飾りも。欲しいものをばんばん買っていたらいくらお金があっても足りない……。

 

子供向け! クリスマスマーケット

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181014101036j:plain

中央広場からすぐのところに、Kinderweihnacht(子供クリスマスマーケット)もあった。

ちなみに、「Kinder」というのがドイツ語で「子供」という意味。クリスマスマーケットの屋台でよく見る「Kinderpunsch」というのは子供でも飲めるグリューワイン、つまりノンアルコールのグリューワインである。アルコールが苦手な人は、Kinderpunschでクリスマスマーケット気分を味わうのがおすすめ。

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181014101245j:plain

子供クリスマスマーケットには、小さなメリーゴーランドなどの遊具もあった。

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181014101256j:plain

写真左のような小さな観覧車も!

店の装飾も子供向けのようなものが多く、来ている人たちも家族連れが多かった。個人的にはメイン会場よりも、こっちの方が雰囲気が好きだった。

 

クリスマスマーケットはやっぱり夜がきれい!

ここまで二つの主要なクリスマスマーケットの昼の様子を紹介してきたが、クリスマスマーケットといえば、やっぱり夜!

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181014101906j:plain

こちらが中央広場のクリスマスマーケットの夜の様子。ライトアップされることで、より幻想的な雰囲気が増す。

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181014102131j:plain

店先もライトアップされるので、会場全体がきらきらに包まれる。ザ・クリスマスマーケットという感じ。

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181014102107j:plain
f:id:Rhapsody-in-Acer:20181014102056j:plain

こちらが子供クリスマスマーケットの夜の様子。メリーゴーランドと観覧車もライトアップされた方がきれい!

 

街中の夜の様子

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181014102207j:plain

クリスマスマーケット会場以外のところも、夜にはライトアップ。

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181014102046j:plain

どこを歩いても幻想的な雰囲気になっている。

人も多いので、スリにさえ気を付ければ大きな危険はない。遅くなりすぎるのは禁物だが、夜のニュルンベルクを散歩しても楽しい。

 

ニュルンベルクは昼も夜も美しい街で、とても大満足!

明日は少し足を延ばして、中世の雰囲気が色濃く残る街・ローテンブルクを日帰り観光する。

 

~つづく~