Rhapsody in Acer

ゆるく、楽しく、旅をする。

【女一人旅】クリスマスマーケット巡り⑲ ~7日目(3)、日帰りローテンブルク・ショッピング&飲食スポット編

【スポンサーリンク】

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181015204210j:plain

ニュルンベルクからローテンブルクへの日帰り観光記、第三弾。

前回の記事では、ローテンブルクの観光スポットを紹介した。

こうした観光スポットのほか、ローテンブルクにはかわいいお店がたくさんあり、ショッピングも楽しい!

今回は、そんなローテンブルクのショッピングスポット、飲食店を紹介する。

 

記事全体の目次はこちら

前回の記事はこちら

 

今回紹介する場所

前回の記事では、この地図のうちオレンジのスポットを紹介した。

今回は、黄色と青のスポットを紹介する。

 

ケーテウォルファルト

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181015204203j:plain

一年中クリスマスグッズを売っている店、ケーテウォルファルト。

店の前のクリスマスプレゼントを大量に積んだ車と、くるみ割り人形が目印。

ケーテウォルファルトはニュルンベルクにも店舗を構えているが、ローテンブルクのものはさらに大きく、一種のテーマパークのようになっている。品ぞろえも若干異なるので、ニュルンベルクとローテンブルクの両方を訪れてみることをおすすめする。

 

ローテンブルクのテディベア

シュタイフ社のテディベアって?

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181025100731j:plain

ドイツのテディベアといえば、シュタイフ社

恥ずかしながらドイツに来るまで存在を知らなかったが、世界で初めてテディベアを作った、全世界的に有名なメーカーらしい。

左耳についているタグがシュタイフ社製品の証。黄色いタグは定番品で数多く生産されている一方、白いタグのものは限定品で生産数が限られている(シリアルナンバーも書いてある)。シュタイフ社は全体的に高級だが、白いタグは当然お値段も張る……。

ちなみに、シュタイフ社のテディベアについてはニュルンベルクのおもちゃ博物館で知った。シュタイフ社の歴史についても知ることができるので、こちらもぜひ行ってみてほしい。

ローテンブルクでは、有名なシュタイフ社はもちろん、さまざまな種類のテディベア(+そのほかのぬいぐるみ)を売っているお店がある。

お買い物はもちろん、見ているだけでも楽しいので、ぜひ行ってみることをおすすめする。

ローテンブルクの店①; Teddys Rothenburg

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181025100750j:plain

大きなテディベアがお出迎えしてくれるこちらのお店。

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181015202316j:plain

店の前のショーケース。さまざまな種類のテディベアやぬいぐるみを扱っている。

ローテンブルクの店②; テディーランド

店の写真を撮り忘れたが、こちらも大きなテディベアショップ。

私はこちらの店で、上に写真を載せたシュタイフ社のテディベアを購入した。

店員さんもフレンドリーで、シュタイフ社のテディベアの違いについて教えてくれた。

 

Diller Schneeballenträume

ローテンブルク名物・シュネーバルを扱っているのがこのお店。

シュネーバルはドイツ語で「雪玉」という意味らしく、丸いドーナツのようなお菓子。

残念なことにこちらも写真を撮り忘れたが、ローテンブルクに行った際にはぜひ試してみてほしい。

 

Klosterstübleでランチ

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181015215908j:plain
f:id:Rhapsody-in-Acer:20181015215920j:plain

ついでに私がランチをいただいたお店も紹介。

Klosterstübleはホテルに併設されているレストラン。

テーブルもクリスマス仕様になっていた。

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181015215858j:plain

私が食べたのは、シカ肉のシチュー(ともちろんビール)! 

値段は安くないが、優雅な気分でランチができた。

 

そして陽は暮れ……

 
 
 
View this post on Instagram

ローテンブルクで見つけた小さな雪だるま。 #ドイツ #ローテンブルク #クリスマスマーケット #雪だるま

Acerさん(@rhapsodyinacer)がシェアした投稿 -

観光スポットやショッピングをしているうちにあっという間に日が暮れてしまった。

ニュルンベルクに帰る前に撮った夕暮れ時のローテンブルクの様子をいくつか紹介する。

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181015223209j:plain
f:id:Rhapsody-in-Acer:20181015223216j:plain
f:id:Rhapsody-in-Acer:20181015223223j:plain
f:id:Rhapsody-in-Acer:20181015222233j:plain

名残惜しさを感じつつ、ローテンブルクを後にした。次に来るときは、ローテンブルクに一泊してもいいかもしれない。

 

クリスマスマーケット巡りもいよいよ終盤に近付いてきた。

明日はニュルンベルクから、初日に降り立った地・プラハに戻る。

 

~つづく~

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ランキング参加中です!

↓よければクリックしてください↓


にほんブログ村