Rhapsody in Acer

ゆるく、楽しく、旅をする。

【邦ロック】にわかファンの私が勝手に選ぶ、キュウソネコカミおすすめ曲TOP5

【スポンサーリンク】

f:id:Rhapsody-in-Acer:20181031234107j:plain

今年の夏、フェスで初めてキュウソネコカミを見た。

私は特別音楽に詳しいわけではないが、それでもキュウソの名前くらいは知っていた。ただ、曲はまったく知らなくて、そのフェスでたまたま見て初めて知った。

フェスのステージが楽しくて、なんかいいな、と思い帰宅後キュウソの曲を聴いていたら……曲がめちゃくちゃカッコいい!

メロディーがかっこいいのはもちろん、歌詞もトガっていて、ササるものが多い。

もう最近はキュウソばっかり聞いていて、そのよさを人に伝えたくなった。

完全ににわかファンなのだが、そんな私が勝手に好きな曲を5つ挙げてみた。もう知っているよ、という人も多いだろうが、ぜひ改めて曲を聴いて、そのよさを体感してほしい。

そんなわけで、勝手におすすめ曲TOP5!

 

【スポンサーリンク】
 

 

キュウソネコカミって?

kyusonekokami.com

関西出身の5人組ロックバンド。

元は関西学院大学軽音楽部で仲の良かった部員同士で、所属バンドは別々であった。就職活動などで所属バンドが解散していくなか、音楽活動をやめられず、就職活動を諦めた組が集まって2009年12月に結成[4]

「ヴォーカルのやりたいことを形にする」という音楽性で、ヴォーカルが腹を立てた身近なことを曲の題材にすることが多い[4]

-Wikipedia

らしい。

ちなみにメンバーはこんな感じ。

ヤマサキ セイヤ1987年4月17日(31歳) - )血液型A型。

ボーカルギター担当。和歌山県御坊市出身[6]。本名:山崎正也。かつての所属バンドは「セルフボラギノール」。中高はバレーボール部で、大学へは指定校推薦で進学。

オカザワ カズマ1988年6月28日(30歳) - )血液型A型。

ギター担当。兵庫県篠山市(旧西紀町)出身[6]。本名:岡澤和真。かつての所属バンドは「セルフボラギノール」。

カワクボ タクロウ1987年6月16日(31歳) - )血液型B型。

ベース担当。静岡県掛川市出身。本名:川久保拓朗。身長159.6cm。

ヨコタ シンノスケ1987年8月17日(31歳) - )血液型B型。

キーボード・ボーカル担当。大阪府出身。かつての所属バンドは「BLANK MAP」[3]。2017年10月15日にTwitterにて結婚を発表。大学へはAO入試で進学。

ソゴウ タイスケ1987年9月12日(31歳) - )血液型A型。

ドラムス担当。愛媛県新居浜市出身。本名:十河泰輔。かつての所属バンドは「バカ力」[3]

-Wikipedia

コミックバンドのイメージがあったが、調べてみると彼らがコミックバンドかどうかは議論が分かれるところらしい。確かに歌詞はふざけているものも多いが、演奏はしっかりしているし、曲もメッセージ性が強いものが多いので、コミックバンドじゃないんじゃないのかな、と個人的には思っている。何度も言うようだが特別音楽に詳しいわけではないので、その辺はよくわからない。

 

第5位 サブカル女子

偏見の塊な感じが好き。

サブカル女子を「ブスではない けどかわいくない」と定義することで、「サブカル女子」が「この曲私のことだ!」と自称しやすくなっているところが秀逸だと思う(大体の女の子は自分のことをブスではないと思っているし、かといってかわいいとも言えないでしょ)。

個人的には「お笑いと言えば ラーメンズ!」がツボ。確かにラーメンズって、サブカルの代名詞っぽい感じある。

 

第4位 The band

>

「ビビった」に通じるものがあるこの曲。「ビビった」より曲調も歌詞もマイルド。

「ロックバンドでありたいだけ」っていうのが曲の節々から伝わるところが好き。音楽であれなんであれ、自分がやっていることへの愛が伝わってくるもの、いいよね。

「リアルタイムで出会えたから ライブが見れるの最高だね」!!

ライブ見に行きます! 

 

第3位 TOSHI-LOWさん

>

BRAHMANのTOSHI-LOWさんの歌。

「ジャパニーズオーガTOSHI-LOWさん」

オーガってなんだと思って調べると、すごい画像がでてくる(笑)。

オーガ - Google 検索

実際、TOSHI-LOWさん(とBRAHMANのファン)すごいな、と思うよね。客席ダイブしながらファンを思い切り殴るんだもん、まさに「圧倒的な体幹」(笑)。 

 

第2位 カワイイだけ

>

お、キュウソええやん、と思ったきっかけの曲。

「カワイイだけ」の女性をdisっているようで、そういう女性に相手にされない負け惜しみにも、そういう女性への応援歌にも聞こえる名曲。歌詞がかなり的を射ていると思う。

「なんでもかんでもかわいいで片づける会話のスタイルに 疑念を持った これかわいいか?」っていう出だしが好き。というか歌詞が全体的に好き。

PVとネズミくん(キュウソのマスコット)がかわいいのも好き。 

 

第1位 ビビった

>

とにかくカッコいい! 現代の音楽界に物申しつつ、 自分たちの音楽への思いが伝わる、ロック! っていう感じの一曲。

「メジャーに行って1,2年で消えるバンド多過ぎクソワロタ」

「なめんじゃねぇ!」

ってところが好き。

この曲自体がキャッチ―なのもいいよね。

 

まとめ

今回、私の「にわかファン」としての視点から、中でも好きな曲、「サブカル女子」「The band」「TOSHI-LOWさん」「カワイイだけ」「ビビった」を紹介した。キュウソを知らない人も、きっと「なんかいいな」と思う曲なはず!

今回紹介した5曲以外にも、「ハッピーポンコツ」「KMDT25」「貧困ビジネス」が個人的にグッときた。

さらにそれ以外にもいい曲がいっぱいあるので、今回の紹介でビビッときた人はぜひ聴いてみてほしい。きっとハマるはず!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ランキング参加中です!

↓よければクリックしてください↓


にほんブログ村